BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks フードトラックfor Wedding)

Brand Farmers Inc.(安田佳生さんの会社)のwebマガジン「anotekonote」で、このBlogの兄弟企画みたいな連載をしています。
毎週土曜に配信されますのでよろしくお願いします。
[http://brand-farmers.jp/blog/]

前回まで「旅行業界を変革する12社」をPick-Upしてきましたが、今回から「ウエディング業界の2018年トレンド」を見ています。

Wedding Ideasが選ぶ「2018年の結婚市場についておさえておくべき40のポイント」を紐解いてみる(第1回)が、配信されました。
[http://brand-farmers.jp/blog/gp_024]

“BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks フードトラックfor Wedding)” の続きを読む

BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks スカベンジャーハントについて)

Brand Farmers Inc.(安田佳生さんの会社)のwebマガジン「anotekonote」で、このBlogの兄弟企画みたいな連載をしています。
毎週土曜に配信されますのでよろしくお願いします。
http://brand-farmers.jp/blog

結構な回数をかけて、欧米発の「旅行業界を変革する12社」をPick-Upしてきましたが、今回でこのネタはラストです。

ということで、BUSINESS NEWS DAILYが選ぶ「旅行業界に変革をもたらす12企業」を紐解いてみる(第8回)
が、配信されました。

[http://brand-farmers.jp/blog/gp\_023/]

今回、scavenger hunt(スカベンジャーハント)という「街探検」のアクティビティを紹介してますが、このスカベンジャーハントに「日本各地の地元の人たちが運営サイドとして参加」するのも面白いと思います。

“BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks スカベンジャーハントについて)” の続きを読む

BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks ペットとの旅行について)

Brand Farmers Inc.webマガジン「anotekonote」で、このBlogの兄弟企画みたいな連載をしています。
毎週土曜に配信されますのでよろしくお願いします。
[http://brand-farmers.jp/blog/]

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜【vol.016】
が、配信されました。
http://brand-farmers.jp/blog/gp_016/

16回目の今回は、Business News Dailyから、「旅行業界に変革をもたらす12企業」を取り上げています。今後の旅行業界について色々と考えてみたいと思います。

今回はペット同伴の旅行を専門に取り扱う会社をPick Up しています。安田佳生さんの「旅行業界を変える(かもしれない)」ビジネスアイデアは見ものです。

BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks アメリカ世代論について)

Brand Farmers Inc.webマガジン「anotekonote」で、このBlogの兄弟企画みたいな連載をしています。
毎週土曜に配信されますのでよろしくお願いします。
[http://brand-farmers.jp/blog/]

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜【vol.012】
が、配信されました。
http://brand-farmers.jp/blog/gp_012/

12回目の今回は、あの有名なアメリカのForbes(フォーブス)から、2018年のビジネストレンドを取り上げています。Forbesが考える12個のトレンドについて論考しています。

今回はアメリカの世代論で、Millennials(ミレニアル世代)Generation Z(Z世代)の関係性を、Forbesの記事を参考にしながら考察しています。

CJ読書blog〜「不死身の特攻兵」から『世間』と『社会』を考え、ついでに山口達也氏の謝罪を読み解く

CJ(シタシオンジャパン)のHPで書いているblog
マーケットを戦略的に理解する読書術〜マーケティング会社の経営者視点で読書してみた〜
をようやくまともに始めました。

今回は、鴻上尚史さんの「不死身の特攻隊」を読んで、これを「マーケット理解」につなげるべく掘り下げています。

▪『世間』と『社会』は同義なのか?
▪日本人はなぜ「NOと言えない」と言われるのか?
▪山口達也さんの謝罪会見から『社会』を考察すると?

などについて考えてみました。

https://ameblo.jp/koide-citation/entry-12372468444.html?frm_id=v.mypage-checklist–article–blog—-koide-citation_12372468444

MIT Technology Reviewの「仮想通貨のグラフ」と、複数の業者からの「マイニングマシンの営業」の話

ちょっとバタバタしていて、放置してました、、、。

新しい会社(CSP社)の最初の四半期決算と、従来の会社(CJ社)の繁忙期と、グループ会社(eF社)のM&A関連の諸々で、恥ずかしながら「奔走」してました。
「奔走」じゃなくて、快適な「ウォーキング」くらいの方が高い品質をdeliverできると思っているので、何だか反省してます。

さて、MIT Technology Reviewが、blockchain(ブロックチェーン)特集を組んでいて、仮想通貨(cryptocurrency)の勢力図を絵的に表現した見やすいグラフを共有していたので、貼っておきます。

“MIT Technology Reviewの「仮想通貨のグラフ」と、複数の業者からの「マイニングマシンの営業」の話” の続きを読む

BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks オンラインスポーツカジノについて)

Brand Farmers Inc.webマガジン「anotekonote」で、このBlogの兄弟企画みたいな連載をしています。
毎週土曜に配信されますのでよろしくお願いします。
[http://brand-farmers.jp/blog/]

英VERDICTが選ぶ「2018年にビジネスを始めるならこの6つ!」を紐解いてみる(第3回)
が、配信されました。

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜【vol.007】

7回目の今回は、イギリスのVERDICT紙から、ネット上のスポーツカジノを、日本で「どのような形で展開すればビジネス化できるそうか?」を考えています。

イギリスでは、街のあちこちに、リアル店舗コンビニ感覚でスポーツカジノがありますが、これが最近はオンラインに移行してきていて、一大ビジネスになっています。このことに注目してみたいと思います。

Hiromichi Koide

BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks 健康志向の自販機について)

Brand Farmers Inc.webマガジン「anotekonote」で、このBlogの兄弟企画みたいな連載をしています。
毎週土曜に配信されますのでよろしくお願いします。
[http://brand-farmers.jp/blog/]

Business News Daily紙が選ぶ「2018年版 きっとうまくいくsmall business トップ12」を紐解いてみる(第4回)
が、配信されました。

GlobalPicks 〜海外の情報を読み解いて、ビジネスに付加価値を投薬する方法〜【第4回】

4回目の今回は、アメリカで流行っている健康志向の自販機を、日本で「どのような形で展開すればビジネス化できるそうか?」を考えています。
安田佳生さんのアイデアも面白いですので時間あれば見てみてください。

Hiromichi Koide

BFIマガジンの連載が配信されました(GlobalPicks フードトラックについて)

Brand Farmers Inc.webマガジン「anotekonote」で、このBlogの兄弟企画みたいな連載をしています。
毎週土曜に配信されますのでよろしくお願いします。
[http://brand-farmers.jp/blog/]

Business News Daily紙が選ぶ「2018年版 きっとうまくいくsmall business トップ12」を紐解いてみる(第3回)
が、配信されました。
[http://brand-farmers.jp/blog/gp\_003/]

3回目の今回は、アメリカで流行っているフードトラックを、日本で「どのような形で展開すればビジネス化できるそうか?」を考えています。
安田佳生さんのアイデアも面白いですので時間あれば見てみてください。

Hiromichi Koide

GlobalPicks〜競合他社と競合他者を出し抜く情報への「入り口」として

こんにちは。シタシオンストラテジックパートナーズでは、「マーケティング&戦略コンサル」の仕事と、「高付加価値情報提供サービス」の仕事をしています。

本コラムは後者の「高付加価値情報提供サービス」の初級編として「入り口」となればいいな、と思ってます。
世界の誰かが「既にかなり研究したり、結論を出している」にも関わらず「日本では流通していない数値情報や文字情報」がたくさんあります。

それらの情報を、日本のマーケットにフィットするように編集・分析すれば「競合他社」「競合他者」を出し抜ける可能性が高まります。

私はマーケティングとファイナンスがバックグラウンドですので、「海外発信の情報×マーケティング」もしくは、「海外発信の情報×ファイナンス」で再編集して、日本国内のマーケット(消費市場経済市場)を新たな視点で再発見できたらいいな、と思っています。

Hiromichi Koide

Citation Strategic Partners